| 携帯サイト  | 感想  | レビュー  | 縦書きで読む [PDF/明朝]版 / [PDF/ゴシック]版 | 全話表示 | 挿絵表示しない | 誤字脱字報告する | 誤字脱字報告一覧 | 

FAIRY TAIL~水の滅竜魔導士~

作者:山神
しおりを利用するにはログインしてください。会員登録がまだの場合はこちらから。 ページ下へ移動
 

ニルヴァーナの正体

「な……何がどうしたんですか!?」

俺は思わず取り乱してしまう

「とにかく……ナツくんを追うんだ」

「ナツ……ジェラールとか言ってなかった?」

「説明は後!! それより今はナツを……「あー!!」」

突然シャルルが叫ぶので俺たちはそちらを向く

「エルザがいない!!」

「えー!?」

シャルルの言う通りさっきまで寝ていたはずのエルザさんがいなくなっている

「あ……ああ……」

「どうしたの!? ウェンディ!!」

ウェンディがふらつき始めるので俺はウェンディを支える

「なんなのよあの女!!ウェンディに一言の例もなしに!!」

「エルザさん……どこ行っちゃったの!!」

「エルザ……もしかしてジェラールって名前聞いて……」

「どうしよう……私のせいだ……私がジェラールを治したせいで……ニルヴァーナ見つかっちゃってエルザさんや……ナツさんや……」

ウェンディが頭を抱えて暗い表情に変わっていく

「ウェンディ!! 落ち着いて!!何が―――」

ドン

突然ウェンディが飛ばされる。それはヒビキさんがウェンディに攻撃したためだった

「ちょっ……」

驚くルーシィ

「あんたいきなり何すんのよ!!」

ヒビキさんに怒るシャルル

「ウェンディ!!ウェンディ!!」

ウェンディの肩を揺すって起こそうとする俺

「ヒビキくん!!ウェンディに何するの~!!」

セシリーもヒビキさんに怒る。

俺たちは何が起きたのかまったく理解が追い付かない。するとヒビキさんはウェンディを背負って走り出す

「え?何がどうなってるの?」

「と……とにかく追いかけましょ!!」

俺とルーシィさんもヒビキさんを急いで追いつく

「驚かせてごめんね、でも気絶させただけだから」

追い付いた俺たちの方を見ながらヒビキさんは言う

「どうして!?てかなんで走ってるの!?」

「ナツくんとエルザさんを追うんだよ。僕たちもあの光に向かおう」

ヒビキさんはニルヴァーナを見ながら言う

「納得できないわね。確かにウェンディはすぐぐずるけど、そんな荒っぽいやり方」

「そうだよ」

「ひどいよヒビキくん」

セシリーたちがヒビキさんを責める。ヒビキさんは少し暗い顔になってから話始める

「仕方なかったんだよ。本当のことを言うと……僕はニルヴァーナという魔法を知っている」

ヒビキさんの発言に俺たちは全員驚く

「え?でも最初は知らないって……」

「この魔法は意識してしまうと危険だから言えなかったんだ。だから一夜さんもレンもイヴも知らない。僕だけがマスターから聞かされている」

「どういうこと?」

ルーシィさんが聞く

「これはとても恐ろしい魔法なんだ。光と闇を入れ替える。それがニルヴァーナ」

「光と……」

「闇を……」

「入れ替える?」

どういうことだ?意味がさっぱりわからない

「しかしそれは最終段階。まず封印が解かれると黒い光が上がる。まさにあの光だ。黒い光は手始めに光と闇の狭間にいるものを逆の属性にする。強烈な負の感情を持った光の者は闇に落ちる」

負の感情を持った光の魔導士……それって

「つまりウェンディを気絶させたのって……」

「“自責の念”は負の感情だからね。あのままじゃウェンディちゃんは闇に落ちていたかもしれない」

それを聞いたルーシィさんは慌ててヒビキさんに質問する

「ちょっと待って!!それじゃ“怒り”は!?ナツもヤバイの!?」

「なんとも言えない……その怒りが誰かの為ならそれは負の感情とも言い切れないし」

「どうしよう……意味がわからない」

ハッピーがヒビキさんの言葉を理解できずに頭を抱えている

「あんたバカでしょ。つまりニルヴァーナの封印が解かれた時、正義と悪とで心が動いている者が性格変わっちゃうってことでしょ」

「ウェンディもあのままだと六魔将軍(オラシオンセイス)みたいになってたかもしれないってことだね~」

「そういうことね」

シャルルとセシリーの説明でハッピーはようやくわかったのかそうか、といいながらうなずく

「それが僕がこの魔法を黙っていた理由。人間は物事の善悪を意識し始めるとおもいもよらない負の感情を生む。あの人さえいなければ……辛い思いは誰のせい?なんで自分ばかり…それら全てがニルヴァーナによりジャッジされるんだ」

なんて魔法だ……それは確かに危険だな……ん?でも

「それっておかしいですよね?」

「何がだい?」

俺がそういうとヒビキさんたちはこちらを向く。

「だってそのニルヴァーナが完全に起動したら俺たちは悪人になりますけど、六魔将軍(オラシオンセイス)とかの闇にいる人はみんないい人になっちゃいますよね?」

だって光と闇を入れ換えたら全ての人たちの感情が逆になってしまうのだから

「確かに……そういうことも可能だと思う。ただニルヴァーナの恐ろしさはそれを意図的にコントロールできる点なんだ」

「そんな!!」

ヒビキさんの言葉に驚くルーシィさん。

「例えばギルドに対してニルヴァーナが使われた場合……仲間同士の躊躇なしの殺し合い……他ギルドとの理由なき戦争。そんなことが簡単に起こせる。一刻も早く止めなければ光のギルドは全滅するんだ!!」

「ヤバイですねそれ!!」

昔の人はなんつう危険な魔法を考えるんだ

『イカダの上!?』

するとどこからかナツさんの声が聞こえてくる

「ナツ!!」

「向こうから聞こえましたよ!!」

「ルーシィあれ!!」

俺たちが声をした方を見るとそこにはイカダの上で倒れているナツさんと氷の槍を持っているグレイさんがいた

「危ない!! 開け!! 人馬宮の扉……サジタリウス!!」

ルーシィさんが金の鍵を使うと馬の着ぐるみみたいなのを着た人が出てきてグレイさんの持っている槍を壊す

「誰だ!!」

そのままグレイさんはこちらに氷の矢を放つがすべてサジタリウスが壊してくれる

「何してんのよグレイ!!」

「オイラたちだよグレイ!!」

「であるからしてもしもし」

「ルーシィ……うぷ」

「名前呼んでから吐きそうになるのやめてくれない!?」

ナツさん……まさかイカダで乗り物酔いですか?船酔いみたいなものなのかな?

「邪魔すんなよルーシィ。こいつ片付けたらお前らの相手してやるからよぉ」

グレイさんの笑い顔が黒い……

「な……なによこれ。まさかグレイが“闇”に落ちちゃったの……?」

「なが……流れる……揺れる……揺れてる……」

イカダの上でナツさんは苦しんでいる

「止まってるからしっかりしなさい!!」

てかナツさん顔真っ青ですよ!?そんなに気持ち悪いんですか!?

「ナツ!! 今助けるよ!!」

ハッピーがナツさんを助けに飛ぶけど一瞬で氷漬けにされてしまう

「オスネコ!!」

「ハッピー!!」

「ハッピーに何すんのよ!!」

「ハッピーは“空を飛ぶ”“運べるのは一人”“戦闘力は無し”情報収集完了」

何やらブツブツ言い出すグレイさん…あれ?匂いが…

「何言ってんのよグレイ……しっかりして……」

「ニルヴァーナによって闇に落ちるとああなってしまうのか」

「グレイから見たルーシィ。“ギルドの新人”“ルックスはかなり好み”“少し気がある”」

「はぁ? な……なによそれ」

顔を真っ赤にして言うルーシィさん……いや……この人……

「“見た目によらず純情”“星霊魔導士”ほう……星霊ね……」

「ルーシィさん!! こいつグレイさんじゃありません!!」

「え!?」

「フン!!」

グレイさんに似た相手はルーシィさんに氷で攻撃してくる

スガァァン

しかしそれをヒビキさんが止める

「シリルちゃんの言う通りだ。君は何者だ?」

「グレイから見たシリル“化猫の宿(ケットシェルター)”“水の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)”“詳しく知らない”グレイから見たヒビキ“青い天馬(ブルーペガサス)”“男前”“詳しく知らない”チ…情報不足か」

こいつ匂いがグレイさんと全然違う。それにグレイさんは俺とナツさんを体を張って逃がしてくれる人だ。善と悪の感情に揺れ動くはずない

「あんた誰?」

ルーシィさんがそういうとグレイさんモドキはにやけながら

「ピーリピーリ」

変なことを言って煙に包まれる。そしてその煙から出てきたのは…ルーシィさん?

「あ! あたし!?」

「君……頭悪いだろ? そんな状況でルーシィさんに変身しても騙されるはずがない」

「そーだそーだ!!」

ヒビキさんと俺が言うとルーシィさんモドキは服の裾を掴み

「そうかしら? あんたみたいな男は女に弱いでしょ?」

まくりあげた……て……え!?

「きゃあああああ」

「もしもしもしもしもしもし」

「……………」

「オスども……」

「シリル見ちゃダメ!!」

「イタッ」

悲鳴を上げるルーシィさんとルーシィさんモドキをガン見しているヒビキさんとサジタリウス。あきれるシャルルと俺の目を塞ぐセシリー。力が強すぎてちょっと痛い

「ゆ……揺れてる……」

「「確かに!!」」

「うまいこと言うなぁ!!」

ルーシィさんがヒビキさんたちを蹴り飛ばす

「全く……なんてはしたない魔導士なのかしら」

「違う!! あっち!! あたしじゃない!! いやあたしだけど……もう意味わかんない~!!」

「ルーシィさん落ち着いて~」

「お前は力を緩めろセシリー!!目が痛い!!」

相手は何も攻撃してないのにすさまじいダメージを受けた気がする。主にルーシィさんの精神が

「星霊情報収集完了。へぇ……すごい。結構鍵持ってるんだ」

敵がまた何かゴチャゴチャ言い出す。さっきから情報がどうのって言ってるけど……一体なんなんだ?

「サジタリウス。お願いね」

「がはっ」

敵がそう言うと突然ヒビキさんに矢が刺さる。その矢を放ったのはルーシィさんの星霊サジタリウス

「サジタリウス!?」

「何よこの裏切り馬!!」

「ヒビキくん!! しっかり~!!」

「ち……違いますからして……それがしは……」

シャルルたちがサジタリウスにそう言うがサジタリウスはなぜ自分がヒビキさんに矢を放ったのかをわかっていない……つまり無意識に攻撃していたようだ
まさか……こいつルーシィさんの星霊を操れるのか!?

「シャルル!! ウェンディを連れて今すぐここを離れて!!」

「言われなくてもそうするわよ!!」

「サジタリウス強制閉門!!」

「申し訳ないですからしてもしもし……」

シャルルは気絶したウェンディを連れて飛んでいく。サジタリウスも星霊界に帰ったみたいだしひとまずは安心……かな

「開け、人馬宮の扉……サジタリウス!!」

すると偽者のルーシィさんがサジタリウスを召喚する

「お呼びでありますかもしもし。え……あれ?」

「えーっ!?」

ルーシィさんが驚いて叫ぶ。
まさか……他人の魔法を使えるようになるのか!?何ソレ無敵じゃない!?

「あの飛んでるネコ殺して!!」

「いや……しかしそれがしは……」

偽者のルーシィさんがシャルルを指差しながらそんなことを言いサジタリウスは困ってしまうけど……こいつ……今なんて言った?

「強制閉門!!」

「無理よ。あたしが呼んだ「水竜の咆哮!!」きゃああああ」

俺の咆哮を食らって吹っ飛んでいく偽者のルーシィさん。それは変身が溶けると2体の生き物に変化し、サジタリウスも消える

「あれって六魔将軍(オラシオンセイス)の……」

「ジェミーだよ」

「ミニーだよ」

六魔将軍(オラシオンセイス)がクリスティーナから降りてきたときに一緒に降りてきた奴か……

「いきなりなんてひどいじゃないか!?」

「そーだそーだ!!」

ジェミーとミニーが怒った声で言う。ひどいだと……?

「……れよ……」

「え?」

「黙れよ!! シャルルを打ち殺せだぁ!? んな奴にいきなりがひどいとか言われる筋合いはねぇんだよ!!」

「ちょっと……シリルどうしたの!?」

ルーシィさんが焦ってるみたいだけどそんなことはどうでもいい

「仲間を殺そうとする奴は俺が……」

ニルヴァーナなんか今はどうだっていい!! 今はこいつを

「潰してやる!!」


 
 

 
後書き
いかがだったでしょうか?地の文を後から付け加えたりしたところもあるのでちょっと変なところもあるかもしれません。次回ついにシリルが活躍します!!どのくらい活躍するかは未定ですが(;^_^Aまた次もよろしくお願いします 
ページ上へ戻る
ツイートする
 

全て感想を見る:感想一覧